生活習慣

リラックスさせる精油と高血圧

精油と聞くとわからない方も多いかもしれません。
アロマテラピーなどで利用するハーブオイルなども精油です。
海外では昔からメディカルハーブやメディカルアロマテラピーなどとして知られ、医療の分野でも積極的に利用されています。
日本でも今、レモン精油などが人気です。
レモンなどの柑橘系の香りはリラックス効果があり、ストレスに効果的ですし、脂肪溶解作用があることなどから、高血圧で生活改善を試みている方にも人気が高くなっています。

若い方などはハーブオイルをお風呂にたらしたり日常生活にも利用されていますが、年齢を重ねた方の利用は多くありませんでした。
でも今は柑橘系のハーブオイルなど精油の香りは、うつや痴呆などにも効果が期待できるということで利用される方も多くなっています。

高血圧はバランスの悪い食事や生活環境の乱れなどから起こるという事は知られていますが、実はストレスなど心の問題も影響しているのです。
ストレスを受けると自立神経のバランスが乱れ、自律神経の働きの一つである血圧コントロールができなくなるため、血圧が高くなってしまうという事もあります。
そのため、リラックス効果が高い精油などを生活の中に取り入れ、心豊かに過ごす、ということも高血圧治療にとって重要な事なのです。
それほど高価なものではないので、ぜひ、利用してみてください。

このページの先頭へ